天野さんと言ってもキャイ~ンでもギャレンの中の人のことでもなく、先日急逝された爆乳描き同人作家の天野大気さんのことです。
ここに書いていいものか?…と迷いましたが、書かないとなんかモヤモヤするのでちょっと書いていこうと思います。

↓先日メロンで購入した天野さんの作品。これがおっぱいだ!と言わんばかりです。
140118-DSC08016天野さん本


正直天野さんの作品とか活動はそれまでよく知らなくて、3年くらい前にTwitterで「あっなんか爆乳を描く人だ!」となんとなしに天野さんをフォローしたような気がします。

自分にとってはこの方の絵や本云々よりも正直Twitter上でのつぶやきが印象的でして、タイムラインに常駐して広い引き出しから様々な興味深い話題を振る、そこには哲学のようなものすら感じるほどでした。
そしてつぶやきからひしひしと感じるコミケや同人への並々ならぬ情熱。そろそろがんばらなあかんなーと思ってた自分にとってもそれは良い刺激になっていたのです。

そんな天野さんがコミケ直後に燃え尽きるかのように亡くなったのを見て、自分は非常に大きな衝撃と悲しみを覚えたのです。
のんべんだらりと同人活動(のようなもの)をやってる自分が冬コミにも行かず寝正月を送ってるときに、なぜあれほど熱心に同人活動を頑張っていた天野さんがコミケ直後に亡くならねばならないのか?…と。

まあ考えたところで答えが出るわけでもないのですが、TL上で数回リプライを飛ばした程度で結局一度もお会いしたことのない方の訃報がこんなにも悲しいものだとは思わなかった。

長々と書きましたがこれからTwitterでプリキュアとか深夜アニメの実況しててももう天野さんのツイートがTLを流れることはないのだなあ…という事実が一番悲しいのです。
天野さん、どうか安らかに。