「しばらく原稿に関する更新がないけどひょっとして…?」と思った方!ご明察恐れいります。

サンクリ63は無理!無理です!
間に合いません!
まことにもうしわけございません!
というかイベント自体を欠席するしかないっぽい!
結局いつもの書店委託オンリーコースになりそうです…嗚呼イベントで新刊を出すという行為はなんと敷居が高いことなのだろう!

思えば私は小学生のときから夏休みの宿題を始業式の日に提出できない子供じゃった…
その魂はまだかわらずにあった…「三つ子の魂百まで」とは真実じゃった…